紫陽花と温泉

こんにちは
西伊豆今宵 西村です。

いたるところで綺麗に紫陽花が咲き始めていますね。
御浜海岸でも美しく咲き誇っていますよ。

当館の2階から海へ出れる道「海への道」の途中には、青の中にきれいな赤い紫陽花が咲いています。なんで色がまちまちなのか?

ちょっと調べてみました。

皆さま、紫陽花がリトマス試験紙ってご存知でしたか?驚きです!!

何でも土壌が酸性だと青くなり、アルカリだと赤くなるそうです。
日本は火山国で雨が多いので、弱酸性から酸性土壌が通常となり、青くきれいな紫陽花が多いようなのですが、石灰、木灰などが混ざっていると赤くなるそうです。

「海への道」の途中に咲いているきれいな赤い紫陽花は、よくよく土壌を見ると一筋だけ温泉水(アルカリ)が流れているのです。戸田温泉の源泉はph8~9.5のアルカリです。

面白いものですね。いつも見ている風景をちょっと違った目線で見ることができました。皆さまも紫陽花を見かけたら、リトマス試験紙の話を思い出してみてください。